ブログアフィリエイトとメルマガで稼ぐ戦術と思考

イルビゾンテ 水牛マーク



プロフィール
1945年 イタリア ベネチアで誕生
父と同じ馬に乗った警官や車のパーツ販売を経験。
仕事をしながらパリのアートスクールの通信講座でアートを学ぶ。

その後妻ナディアの親戚のバッグ工場で技術を学ぶ。
ユニークなデザインをバッグという形にして水牛マークをつける。
水牛マークのバッグ はここから始まりました。

1969年 フィレンツェの高級店街サイドにワニーは妻のナディアと小さな革製品の店を出しました。
客のオーダーに応じてバッグやベルトを作って販売していました。
やがて他のフィレンツエの店からもオーダーが入るようになり、その中の『プリンチペ』にバッグを置いたことから、バイヤー(アメリカ人)の目にとまり、パリやアメリカなど世界に知られるようになりました。

同じ通りの同じ場所には当時と同じ革の匂いを漂わせながら、少し大きくなった店が今でも残っているそうです。
現在では、フィレンツェを本拠地としミラノ、ニューヨーク、カナダ等各国主要都市にショップを持ち、本物志向のファンに愛され続けています。
日本にも多くの取り扱い店舗があり今人気のブランドです。

★イルビゾンテの購入レビューを見る★


イル・ビゾンテ
フランクウィーンセンス 口コミ情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。