ブログアフィリエイトとメルマガで稼ぐ戦術と思考

アナスイ ANNA SUI



プロフィール
ANNA SUI(アナスイ)女史は中国系の米国人です。
ハリウッドセレブたちに人気のデザイナーで、日本でもたいへん人気のあるデザイナーの一人です。
91年にニューヨークコレクションデビュー・・
92年にニューヨークのソーホー地区に第1号店オープン・・
アメリカ合衆国、ミシガン州デトロイト市近郊で育つ・・
高校卒業後、ニューヨークのファッションスクールの名門、パーソンズ・スクール・オブ・デザイン(Parsons School of Design)で学ぶ・・
93年にCFDA(The Council of Fashion Designers of America)の新人賞に当たるペリー・エリス賞を受賞・・(CFDAはファッション界のアカデミー賞ともいわれています。)

アナ女史のモットーは「Live your dream.(あなたの夢を生きて)」
型にはまったファッションを嫌うNYのファッショニスタから支持され、日本でも多くのファンがいます。

・ANNA SUI COSMETICS(日本語)
 http://www.annasui-cosmetics.com/
・Anna Sui(英語)
 http://www.annasui.com/
・Anna Sui Beauty(英語)
 http://www.annasuibeauty.com/

アナスイの芸術について
彼女の作品は、妖艶な・・妖精のような・・可愛くてセクシーな・・ロリータっぽい・・等など、どれも当てはまりそうな不思議な独特の雰囲気をもつデザインです。
アナスイはミシガン州生まれの在米中国人2世でパーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業しています。
どちらかといえばアメリカよりも日本での人気が高いようです。
アクセサリーやバッグ、化粧品は有名ブランドとなっていますが、彼女の衣類は独特の美しいデザインで、多くのフッァンを魅了しています。
シンボルはバラの花とバラの刺、そして蝶が有名です。
ヴィヴィアンウエストウッド、コムデギャルソン、マークジェイコブス等同じく、幅広いジャンルの女性に人気のあるデザイナーブランドとしても人気を博しています 。
日本では伊勢丹と版権契約を結んでいます。

アナスイの財布、バッグの画像サイトより

メラチェ サプリ 爆乳効果

サマンサタバサ 若い女性に人気

Samantha Vega/(サマンサ・ベガ)

サマンサタバサは、若い女性を中心に人気を博しているバッグとジュエリーのブランドで、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが企画・製造・販売を行っています。

スーパーアグリ F1チーム(2006年と2007年にプロモーショナルパートナーとして支援)

展開ブランドSamantha Thavasa(サマンサタバサ)
「エレガントで上品なファッション性」がコンセプト
ビヨンセ、ヴィクトリア・ベッカム、マリア・シャラポワ、ペネロペ・クルス、モニカ・クルス、サラ・ジェシカ・パーカーとのコラボレーションを行っています。

Samantha Vega(サマンサベガ)
「元気でキュート、実用性、トレンド感」がコンセプト

SAMANTHA THAVASA NEW YORK(サマンサタバサニューヨーク)
「都会的でスタイリッシュ」をコンセプト
ニッキー・ヒルトン(ヒルトン姉妹の妹)とのコラボレーションも行う。

Samantha Thavasa Deluxe(サマンサタバサデラックス)
「ラグジュアリー」をコンセプト
蛯原友里とのコラボレーションも行う。

Violet Hanger(バイオレットハンガー)
「知的でかっこいい」をコンセプト

Samantha Tiara(サマンサティアラ)
ジュエリーブランド。
イ・ビョンホンとのコラボレーション

SAMANTHA SILVA(サマンサシルヴァ)
シルバージュエリーブランド

Samantha Thavasa Petit Choice(サマンサタバサプチチョイス)
小物専用ブランド

STNY(エスティニー)
モバイル専用ブランド

SAMANTHA KINGZ(サマンサキングズ)
若年男性向けメンズブランド(バッグ・ジュエリー)

Samantha Thavasa Japan Limited
WW by Samantha Thavasa

ブライス 画像と価格ランキング

イルビゾンテ 水牛マーク



プロフィール
1945年 イタリア ベネチアで誕生
父と同じ馬に乗った警官や車のパーツ販売を経験。
仕事をしながらパリのアートスクールの通信講座でアートを学ぶ。

その後妻ナディアの親戚のバッグ工場で技術を学ぶ。
ユニークなデザインをバッグという形にして水牛マークをつける。
水牛マークのバッグ はここから始まりました。

1969年 フィレンツェの高級店街サイドにワニーは妻のナディアと小さな革製品の店を出しました。
客のオーダーに応じてバッグやベルトを作って販売していました。
やがて他のフィレンツエの店からもオーダーが入るようになり、その中の『プリンチペ』にバッグを置いたことから、バイヤー(アメリカ人)の目にとまり、パリやアメリカなど世界に知られるようになりました。

同じ通りの同じ場所には当時と同じ革の匂いを漂わせながら、少し大きくなった店が今でも残っているそうです。
現在では、フィレンツェを本拠地としミラノ、ニューヨーク、カナダ等各国主要都市にショップを持ち、本物志向のファンに愛され続けています。
日本にも多くの取り扱い店舗があり今人気のブランドです。

★イルビゾンテの購入レビューを見る★


イル・ビゾンテ
フランクウィーンセンス 口コミ情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。